碧(みどり)[生活介護]

ろう重複の仲間の日中活動・生活の場

1996年、名古屋聾学校、千種聾学校のろう重複児の家族が「ろう重複障害児・者の作
業所をつくる会つくしの会」を立ち上げ、バザーや広報の活動を開始しました。ろう
重複ということばはまだ、認知されていませんでした。

2003年、支援費制度にのって、千種区で通所者2名からの知的デイサービスを開始し
ました。

その後、守山区へ移転しました。1階は、身体デイサービス、2階は名古屋市の小規模
作業所としてしばらく活動していましたが、2006年自立支援法施行により名古屋市の
小規模作業所は廃止になり、1階2階合わせて地域活動支援センターとなりました。

現在は生活介護事業所として活動しています。

2024年、守山区西川原町へ新築移転いたしました。

碧の名前の由来は、海の色にも空の色にも通じる色なので、碧とし、手話はひとりひ
とりをつなげる場所という意味で『つなぐ』という手話で表します。

ろう重複をもつ仲間達が、下請けの内職やモップなどの商品を毎日頑張って作ってい
ます。
手話で語りかける仲間達の笑顔がとてもステキな場所です。

ろう重複をもつ人たちが心地よく、安心して過ごすことができる場を目指して頑張っ
ています。

〒463-0089 愛知県名古屋市守山区西川原町122番地
TEL 052-795-3200  FAX 052-795-9088
※JR新守山駅より徒歩10分 ゆとりーとライン川宮駅より徒歩8分
TEL・FAX 052-795-8264
事業日 月曜日~金曜日 第2土曜日9:30~16:00
定員20名